QQEnglishとイングリッシュベル

 

 

QQEnglishとイングリッシュベルについて

カランメソッドを取り入れているオンライン英会話はQQEnglishだけではなく、イングリッシュベルもその一つとなっており、生徒から人気を得ているスクールです。

 

QQEnglishもイングリッシュベルもカランメソッドを提供しており、尚且つ他のカリキュラムも充実しているということで、非常に似ているオンライン英会話だと説明できます。

 

しかも、この2つのオンライン英会話は24時間レッスンが可能ということで、お仕事で忙しい生徒も自分のスケジュールに合わせて英語の学習を進めていくことができるのです。

 

どちらのオンライン英会話でもカランメソッドを利用して英語力を短期間で上昇させられるので、迷ってしまう生徒の方は多いかもしれません。

 

そこで、料金プランで比較をするのが一番で、あらかじめレッスンの回数が決められているスクールに入会したいのであればイングリッシュベル、自分の裁量でレッスンの回数を決めたいのであればQQEnglishがおすすめです。

 

QQEnglishはオンライン英会話の中でも数少ないポイント制のスクールとなっており、予約する講師によって消費ポイントが異なるので、レッスンの回数にも違いが生じます。

 

そして、月会費で支払った料金でポイントが足りなくなった場合は、有効期限が半年間以上の追加ポイントの購入も可能で、レッスンが予約できなくて不満を覚えることは絶対にないはずです。

 

QQEnglishは在籍している講師の数も多く、400人以上の先生から選んで受講できるので、まずは2回の無料体験を受けてみてください。


DMEメソッドを取り入れているかどうかが違う

QQEnglishとイングリッシュベルの違いとして、DMEメソッドを取り入れているかどうかが挙げられます。

 

オンライン英会話の中でDMEメソッドを採用しているのはイングリッシュベルだけで、この授業はカランメソッドを改良させたものなのです。

 

カランメソッドはイギリスで開発されてから高い支持を集めてきましたが、「表現の内容が古い」「文法が覚えられない」「授業の進むスピードが速すぎる」というデメリットがありました。

 

そのデメリットを上手く克服してカランメソッドの良さを引き継いだのがDMEメソッドで、イングリッシュベルのカリキュラムの中に取り入れられております。

 

DMEメソッドではテキストの使用が許可されているので同時に文法を学べますし、カランと比べてスピードが緩やかになっているので、初心者の方も気軽にチャレンジしてみましょう。

 

>>> イングリッシュベルの無料体験

 

 

※2016年8月追記

イングリッシュベルでは新しいDMEメソッドのカリキュラムとしてDME Elementaryクラスが取り入れられ、大人のビギナーだけではなくお子様専用のダイレクトメソッドとなっているので、子供の英語学習の一環として活用してみてください。